最首悟先生の次回開催日決定しました!

9/28に開催しました「さらば東大!~最首先生と考える学問の意義~」、先生もぜひやりたいとおっしゃっていた続編の日程が決定しました!

12月5日(土)14:00~15:30です!

前回の最後、弊社副代表の伊勢が、

「”wrongful life”、つまり「生まれないほうがよかった」と考えてしまう考え方があります。これは他人についてではなくて、自分自身のことをそう考えてしまうことなんです。自分の存在意義がわからないというか、ある種の「わからなさ」だと思います。こういう考え方については、先生だったらどうお考えになりますか」

と質問し、最首先生が、

「ちょっとだけ言おうかしら。それは一者性っていうことの考えのもとで生まれてくる。二者性だとストップがかかる。二者性のもとで「あんたは生まれてよかった」と具体的に言う人間がいると困ってしまう。西洋思想、”I” first、につながる〔一者性〕。」

とお答えになりました。二者性については次回となっていたので、12/5は非常に気になる「二者性」のお話になるかと思います。

*ただしあくまで予定ですので、内容が変わる可能性はございます。ご了承くださいませ。

もちろん、続編といっても第一回とは別の内容となりますので、初めてのご参加も大歓迎です!

こちらの第一回のレビューをご覧いただくと一層お楽しみいただけるかもしれません。

その他、10月11月のイベントは、以下の予定です!

※以下では「哲学サロン」と「学びサロン」とを無差別に掲載しております。

なかでも「哲学サロン」の【入門】は、これまで有料(500円)で行ってきましたが、多くの要望にお応えして無料で開催する運びとなりました。

10/3:【入門】「差別ってなに?」
モデレーター:秀島真琴、伊勢俊介

10/17:【初級】『純粋理性批判』(カント)
専門家:浜田郷史(上智大学非常勤講師、カント哲学)、モデレーター:伊勢俊介

11/3 映画監督 × 哲学者
「カメラを止めるな!」映画監督(上田慎一郎監督)と哲学者(樋笠勝士教授)による対話講演

11/14:【初級】『存在と時間』(ハイデガー)
専門家:丹木博一(上智大学短期大学部教授、ハイデガー哲学)

11/28 タイトル未定
専門家:要友紀子(SWASH代表)

奮ってご参加ください!

Uncategorizedカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください