映画監督 × 哲学者「思考を止めるな!」

日時
Date(s) - 2020年11月03日
終日

カテゴリー


ご予約フォームは最下部にございます。

※ご予約受付開始まで、いましばらくお待ち下さい。
※現在、新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、Zoomを利用した「オンラインサロン」を開催しております。

「思考を止めるな!」

映画監督(上田慎一郎監督)と哲学者(樋笠勝士教授)による対話講演!

2020年11月3日(文化の日)※時間・参加費は未定

オンライン(Zoom)にて開催決定!

 

登壇者情報

映画監督:上田慎一郎監督
1984年、滋賀県出身。中学生の頃から自主映画を撮りはじめ、高校卒業後も独学で映画を学ぶ。2009年、映画製作団体PANPOKOPINA(パンポコピーナ)を結成。
『お米とおっぱい。』『恋する小説家』『テイク8』等8本の映画を監督し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得する。
2017年、初の劇場用長編『カメラを止めるな!』が2館から350館へ拡大する異例の大ヒットを記録。
三人共同監督作の『イソップの思うツボ』が2019年8月に公開、そして劇場用長編第二弾となる『スペシャルアクターズ』が同年10月に公開。
現在、監督・スタッフ・キャストが対面せず“完全リモート”で制作した短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦』が5月1日よりYouTubeにて公開中。

 

哲学者:樋笠勝士教授
神田外語大学、上智大学を経て、現在は岡山県立大学教授。専門は西洋古代中世哲学及び美学、その他九鬼周造哲学や記号論も研究。学会では中世哲学会常任理事、新プラトン主義協会理事をつとめ、美学会、日本哲学会等に所属。大学教育では慶應義塾大学、日本大学等、民間教育では朝日カルチャーセンター、中島義道哲学塾等で講師を担当。研究成果は『存在論の再検討』(共著、月曜社)、『光の形而上学』(共著、慶應大学)、「バウムガルテン『形而上学』訳註」(成城大学)等。現在の研究テーマは「光の美学」「虚構論と複数世界論」。

 

司会進行:持地秀紀
上智大学大学院哲学研究科博士後期課程在籍
専門はフランス哲学(ベルクソン研究)
神奈川大学KUPS「芸術の哲学(映画)」講座担当

 

対談内容

随時アンケート(リンク先はこちら)で募集中!

 

参加予約の開始時期等、その他詳細は決定次第こちらに記載いたしますので、しばらくお待ち下さい!

下記フォームよりご予約をお願いします。
※スマートフォンでご覧の際に、レイアウトが崩れてしまっている場合がございます。
現在縦画面表示の方は、「横画面表示」にしていただくと正常なレイアウトで表示されるかもしれません。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

予約管理

【重要】有料イベントの場合は、コメント欄に、参加費振り込み時に使用される「名義」をカタカナでご記入お願いします。
Zoom等、オンライン開催の場合、ニックネームから御本人様確認が取れないと入室許可できない場合がございます。お名前とニックネームが異なる場合はコメント欄にご記入お願いします

現在、予約受付期間ではありません。

※ご予約いただいた方に、受付確認の自動返信メールを送らせていただきます。
迷惑メール設定・指定受信設定などをされている場合は、【@minato-h.com】をドメイン指定受信に設定してください。
自動返信メールが24時間以内に届かない場合は、「お問い合せ」ページよりご連絡ください。予約フォームを再送すると二重予約になってしまいますのでご注意ください。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
【キャンセルポリシー】
イベント開催日一週間前以降のキャンセルには、参加費の100%がキャンセル料として適用されますのでご注意ください。
それ以前のキャンセルに対しては、手数料を差し引いた金額をお返しいたします。
キャンセル等は弊社ご予約受付(reservation@minato-h.com)までご連絡ください。
哲学者 × 〇〇カテゴリーの記事